1. INDEX
  2. 愛知県
  3. 三蔵温泉 名古屋クラウンホテル



    所在地 愛知県名古屋市中区栄1−8−33
    電話 052-211-6633
    入泉料 1700円
    ※館内で利用できる1000円分の金券付き
    営業時間 9:00〜12:30(受付は12:00まで)
    15:00〜17:00(受付は16:30まで)
    ※木曜日は15:00〜
    定休日 不定休

    ロッカー 下足ロッカー(鍵付無料 or 下駄箱)
    脱衣ロッカー(鍵付無料 or カゴ)

    無料の備品 ボディソープ、シャンプー、リンス、石けん
    ドライヤー、麺棒、クシ、カミソリ、化粧品各種、タオル

    浴槽の種類 内湯1、露天1(弐の湯のみ)
    サウナ なし

    入れ替え制 なし
    割引・特典等 なし

    公式ホームページ 宿泊施設 駐車場あり

    温泉情報
    [源泉名] 三ツ蔵温泉
    [泉 質] 単純温泉 (低張性・中性・低温泉)
    [源泉温度] 28.7℃、[湧出量] 不明(動力揚湯) [pH値] 不明 [溶存物質] 0.18g/kg [ラドン含有量] Rn3.3 [分析年度] H19
    [温泉の利用状況] 加水:× 加温:○ 循環:○ 入浴剤:× 消毒:○(塩素系) かけ流し:△(一部放流循環併用型)
    [温泉の特徴] 色:薄茶色澄明 香り:微鉄臭 湯肌:さっぱり系 飲泉:なし 湯元:自家源泉


    施設利用レポート
     名古屋駅から徒歩10分くらいで着く天然温泉利用のホテルです。本当に温泉が湧いているんだろうか?と思う程、都会のど真ん中にあり、近くには劇団四季の劇場があります。平日のお昼ごろの利用です。ホテルの玄関には「三蔵温泉」の垂れ幕があり、温泉を売りにしているんだなぁと言う印象。さすがホテルなので施設は豪華。フロントで日帰り入浴を希望すると料金が1,700円とかなり高額です( ̄□ ̄;) ですが今更後には引けないので支払うと、係の方から「お先にお食事にしますか、お風呂に入りますか?」と聞かれます。どうも料金の1,700円の内、1,000円分は館内で使用できる金券が付いていて、実質の入泉料は700円の様です。丁度お昼なので、食事を選びレストランへ進みます。ランチはセレクトランチBOXタイプ(選べるやつ)を選びました。ホテルのレストランでお食事なんて、貧乏症な私から考えてもリッチで、慣れない環境でした。お食事後フロントの係の方からタオル一式を受け取り、浴場へ向かいます。浴場は3種類あり「壱の湯」「弐の湯」「参の湯」と名付けられていて、日帰りは「壱の湯」の固定の様です(追記:現在は時間帯により弐の湯も入れる様になっています)

     脱衣室は少し手狭でコインレスの鍵付きロッカーと籠選べ、貴重品ロッカーもあります。小サイズのロッカーのみなので、スーツとかは折るしか無いですね。洗面台はホテルらしくドライヤーからカミソリなど揃っていて冷水器まであり完璧です。浴場と脱衣室の間に何故か水槽があり、魚が元気に泳いでいます(^^;)

     浴場は少し薄暗く、左右に仕切りなしの洗い場、左奥に内湯1つのシンプルな構成です。かけ湯をたっぷりして湯船に浸かります。温泉は鉄分を含んでいるのか、かなり茶色の濁り湯で底が見えない程です。香りは鉄臭に塩素臭をプラスした感じで、さらりとしたお湯です。浴場からの景観は人工の滝が見える程度で、窓を開けると外気浴が楽しめます。

     湯上がりはさっぱりした感じで温泉ぽくは無いですね。でも短いながらお食事に温泉と楽しめるので都会のど真ん中でも、日帰り温泉旅行をした気分にはなれます。(2010/02)
    三蔵温泉 三蔵温泉

    三蔵温泉 三蔵温泉

    [感想&評価]
    温泉:★★★☆☆()
    施設:★★★☆☆()
    料金:★★☆☆☆()
    総合:★★★☆☆()

    アクセス
    車でのアクセス
    [最寄の高速道路など]
    名古屋高速都心環状線名古屋高速:錦橋出口

    [最寄の主要道路]
    国道19号県道60号

    公共交通機関でのアクセス
    地下鉄東山線・鶴舞線:伏見駅
    徒歩5分

    ページの上へ戻る