1. INDEX
  2. 岐阜県
  3. 上之保温泉 ほほえみの湯



    所在地 岐阜県関市上之保477
    電話 0575-47-1022
    入泉料 600円
    営業時間 10:00〜21:00(受付は20:30まで)
    定休日 水曜日(祝日の場合は営業)、年末年始

    ロッカー 下足ロッカー(鍵付無料)
    脱衣ロッカー(鍵付無料ロッカー:小)

    無料の備品 ボディソープ、リンスインシャンプー、ドライヤー

    浴槽の種類 内湯1、露天1
    サウナ なし

    入れ替え制 あり
    施設利用のみ可否 不可(食堂や休憩室は利用可能)
    割引・特典等 ゆらん会員

    公式ホームページ 日帰り施設 駐車場あり

    温泉情報
    [源泉名] 上之保温泉 ほほえみの湯
    [泉 質] 単純温泉(低張性・弱アルカリ性・低温泉)
    [源泉温度] 26.1℃ [湧出量] 120L/分(掘削・動力揚湯) [pH値] 8.34 [溶存物質] 0.56g/kg [ラドン含有量] 不明 [分析年度] H21
    [温泉の利用状況] 加水:× 加温:○ 循環:○ 入浴剤:× 消毒:○(塩素系) かけ流し:×(循環型)
    [温泉の特徴] 色:無色澄明 香り:微塩素臭 湯肌:ツルヌマ系 飲泉:なし 給湯方法:自家源泉


    施設利用レポート
     「温泉シールラリーゆらん」での利用です。関市の旧上之保村にある温泉施設で、国道や高速道路から少し離れた、少し山奥にある施設になります。県道を進めば目立つ看板やLED式の案内板もあるので、迷う事は無い感じです。施設は丘の上にあり、急勾配の坂道を上がった先に施設があります。休日の夕方前に利用したのですが、駐車場はかなりの数が停まっており、人気の施設の様です。施設は温泉のある建物と休憩食堂施設がある建物、地域の特産品の即売コーナーの3か所があり、地域村おこし施設なのかなぁと言う印象です。

     温泉棟の建物に入り、靴を鍵付の下駄箱に預け、券売機でチケットを購入します。受付でチケットと下駄箱の鍵を預けて脱衣ロッカーキーを受け取れば、受付完了となります。受付のあるロビーは簡単な休憩スペースやマッサージチェアがあるのみであまり規模は大きくなく、この施設はしっかりとした休憩施設は食堂側にあるので、こちらのロビーは待ち合わせに使える程度な感じです。

     浴場は男女入れ替え制でこの日は右側の「石の風呂」の利用となります。 脱衣室は吹き抜け高い天井が印象で、小サイズのロッカーが並びます。洗面台はドライヤーのみの設置で、床もタイル張りで、簡易的な感じです。浴場への入口は2箇所あり、露天に直接出れる自動ドアと、内湯へ行ける手動ドアがあります。まず、露天エリアへ向かいます。

     露天エリアは屋根付きの岩風呂1つの構成で、周りに広々とした庭園が広がっています。庭園は岩風呂より広く、ベンチスペース等もあり、山々が見渡せる景観もなかなかな感じです。

     温泉は無色透明で塩素臭とわずかな鉱物臭がする少し柔らかいツルっとした温泉と言う感じなのですが、特徴はそれくらいであまり派手さはありません。

     内湯はそれなりの規模の内湯1つと仕切りありの洗い場の構成となります。洗い場は、ソープ類も常備されており、特に不自由のない清潔感ある洗い場となります。内湯は「御影石」を使用した浴槽で湯口の上に「ホタル石」と言うオブジェ付きとなっています。景観は露天からの景観と同様な感じで解放感はあります。

     湯上りはさっぱりとした感じで特徴もおとなしいもので、わずかに肌がサラッとするくらいとなります。施設としては景観と温泉を楽しむのみの造りで、ジャグジーやサウナ等も無いので、スーパー銭湯慣れしている方にはもの足りない感が満載な感じがあるかなぁと思いました(2009)

    [再訪情報(2010〜2013)]
     「温泉シールラリーゆらん」の利用で再訪しました。反対側の「木の風呂」も利用しましたが、露天含め、 あまり構造に差異はない感じと思いました。まや、特に施設面で変更はありませんでした。
    上之保温泉 上之保温泉

    上之保温泉 上之保温泉

    [感想&評価]
    温泉:★★☆☆☆()
    施設:★★☆☆☆()
    料金:★★☆☆☆()
    総合:★★★☆☆()

    アクセス
    車でのアクセス
    [最寄の高速道路など]
    東海北陸道美濃IC
    東海環状道富加関IC

    [最寄の主要道路]
    国道156号県道63号県道58号県道85号

    公共交通機関でのアクセス
    長良川鉄道:関駅
    路線バス等利用

    ページの上へ戻る