1. INDEX
  2. 三重県
  3. 彩 向陽



    所在地 三重県三重郡菰野町菰野8497
    電話 059-392-3135
    入泉料 540円
    営業時間 11:00〜17:00
    定休日 不定休

    ロッカー 下足ロッカー(下駄箱)
    脱衣ロッカー(カゴのみ)

    無料の備品 ボディソープ、シャンプー、リンス、フェイスソープ
    ドライヤー、麺棒、クシ、化粧品各種

    浴槽の種類 内湯1、露天1(宿泊者専用)
    サウナ なし

    入れ替え制 なし
    割引・特典等 なし

    公式ホームページ 宿泊施設 駐車場あり

    温泉情報
    [源泉名] 湯ノ山温泉 宏説湯
    [泉 質] アルカリ性単純弱放射能泉(低張性・アルカリ性・低温泉)
    [源泉温度] 25.3℃ [湧出量] 50L/分(自然湧出) [pH値] 8.7 [溶存物質] 0.16/kg [ラドン含有量] Rn39.3(145.3Bq) [分析年度] H26
    [温泉の利用状況] 加水:○ 加温:○ 循環:○ 入浴剤:× 消毒:○(塩素系) かけ流し:×(循環型)
    [温泉の特徴] 色:無色透明 香り:微塩素臭 湯肌:あっさり系 飲泉:なし 給湯方法:引き湯

    (旧分析) 湯ノ山温泉 宏説湯 単純弱放射能泉(低張性・弱アルカリ性・低温泉) 25.2℃ 50L/分(自然湧出) pH7.8 0.16/kg Rn37.1 H16


    施設利用レポート
     湯の山温泉街の中では初めて利用した施設です。山の中腹にあり崖のようなところに玄関があります。建物は洋風の造りで洒落たホテルのロゴマークがあり、結構目立ちます。政府登録国際観光旅館で昔、昭和天皇が宿泊した由緒正しい施設との事。期待に胸が躍りながら、玄関に進みます。中に入ると洋風の造りから一転、和風チックになっており風情がありますねぇ。フロントで日帰り入浴を申し込むと、ロッカーが無いので貴重品があれば預かるとの事です。浴場は1階にあるので、後ろのエレベーターで行ってほしいと言われ、エレベーターに乗ります。降りて少し進むとのれんがあり脱衣所に到着です。

     靴を脱衣所入り口にある下駄箱に入れ、籠に向かいます。事前のお話通りロッカーは無く籠のみです。洗面台は一通り備品が整っており、このあたりは宿泊施設なのですが、脱衣所はフロントがあるフロアに比べると、あきからに年期を感じる古さです。

     浴場は大きい岩風呂一つの構成で、左端にガラス張りの遮光が見える庭が見える以外景観はなく、まるで洞窟風呂です(^_^;)洗い場は仕切りなしの壁側タイプで、場所によりソープの種類が異なります。宿泊施設でおなじみの馬油ソープや炭ソープ、普通のソープも常備されています。岩風呂は2か所に分かれており、温泉を堪能します。丁度、先客に絶たれ貸切状態です(^^)。温泉は放射能泉と言うことですが、適温でジワリジワリと温まってくる以外、全く特徴がありません。湯上りはさっぱりとする以外はあまりなく温泉に入った〜な感じは薄いです。

     事前にパンフレット等で見たときは、立派な今時の露天風呂等が載っており、期待していたのですが、この露天風呂は宿泊利用専用で、日帰りは昔からある大浴場のみっと言う感じなのでしょうか。パンフレットの写真で見る限りは、女性の浴場もデザインが異なっており一番微妙なのがこの殿方風呂でした(-_-;) なんだか造りもそうなのですが少しギャップが激しい施設かなぁと思いました。
    湯の山温泉 湯の山温泉

    湯の山温泉 湯の山温泉

    [感想&評価]
    温泉:★★☆☆☆()
    施設:★★☆☆☆()
    料金:★★★☆☆()
    総合:★★☆☆☆()

    アクセス
    車でのアクセス
    [最寄の高速道路など]
    東名阪道四日市IC

    [最寄の主要道路]
    国道477号県道577号

    公共交通機関でのアクセス
    近鉄湯の山線:湯の山温泉駅
    路線バス利用

    ページの上へ戻る