1. INDEX
  2. 三重県
  3. 湯の山温泉 鹿の湯ホテル



    所在地 三重県三重郡菰野町湯の山温泉8520−1
    電話 059-392-3141
    入泉料 1000円
    営業時間 11:00〜15:00
    定休日 不定休

    ロッカー 下足ロッカー(鍵付無料)
    脱衣ロッカー(カゴ or 無料貴重品ロッカー有)

    無料の備品 ボディソープ、シャンプー、リンス、石けん
    ドライヤー、クシ&ブラシ、化粧品各種、タオル、バスタオル

    浴槽の種類 内湯1(ジェット&バイブラ&寝湯)、露天1(バイブラ)
    サウナ なし

    入れ替え制 なし
    割引・特典等 なし

    公式ホームページ 宿泊専用 駐車場あり

    温泉情報
    [源泉名] 湯ノ山温泉 宏説湯
    [泉 質] アルカリ性単純弱放射能泉(低張性・アルカリ性・低温泉)
    [源泉温度] 25.3℃ [湧出量] 50L/分(自然湧出) [pH値] 8.7 [溶存物質] 0.16/kg [ラドン含有量] Rn39.3(145.3Bq) [分析年度] H26

    [源泉名] 湯ノ山温泉 裏湯
    [泉 質] 温泉法規格該当鉱泉(フッ素、ラドン) (低張性・アルカリ性・冷鉱泉)
    [源泉温度] 21.0℃ [湧出量] 22L/分(自然湧出) [pH値] 8.6 [溶存物質] 0.15/kg [ラドン含有量] Rn20.4 [分析年度] H17

    [温泉の利用状況] 加水:× 加温:○ 循環:○ 入浴剤:× 消毒:○(オゾン&塩素系) かけ流し:×(循環型)
    [温泉の特徴] 色:無色透明 香り:強塩素臭 湯肌:あっさり系 飲泉:なし 給湯方法:引き湯

    (旧分析) 湯ノ山温泉 宏説湯 単純弱放射能泉(低張性・弱アルカリ性・低温泉) 25.2℃ 50L/分(自然湧出) pH7.8 0.16/kg Rn37.1 H16


    施設利用レポート
     鹿の湯伝説のCMをしている名前もそのままの「鹿の湯ホテル」です。湯の山温泉街の入口にあり、バスを降りてすぐのところにあります。平日の朝11時の利用です。この日はバイクで来たので建物の横に止めて入口に入ります(車の場合はキーを預けるらしい)奥に進むと、鍵付きの下足ロッカーがあり、「日帰り入浴の方はスリッパに履き替えて下さい」との事。靴を入れスリッパを履いて、フロントがあるエレベーターで1階に行きます(入口は地下2階となっていました)1階に着き、フロントの方に日帰り入浴を告げ入泉料を支払います。タオルとバスタオルを受け取り、お風呂は3階とのことで、奥の別のエレベーターでまた3階まで上がります。高低差のある所に造られたホテルなのか、エレベーターの移動が多いですね(^^;)3階はお風呂の入口と休憩エリアがあり、展望スペースもあります。奥に進むと、男湯と女湯、貸切風呂の3か所の入口があり、のれんを潜ります。

     脱衣室は少し手狭で、ロッカーは無く籠のみとなります。鍵付きの貴重品ロッカーが入口にあるので、貴重品はここに預けるシステムです。洗面台はドライヤーやブラシなど、宿泊施設らしく備品が揃っているのですが、何故か何処にでもあるティッシュだけ常備されていませんでした。服を脱ぎ、浴場へ進みます。

    浴場に入った瞬間お出迎えしてくれたのは、強烈な塩素臭です(-_-;)内湯はジェットバスやジャグジー、中途半端な長さの寝湯の3箇所にわかれた浴槽1つです。塩素臭はこのジャグジーがまき散らしているようです(T-T)湯口の上には鹿さんが2匹おりこのホテルのシンボルなのかなぁと思いました。洗い場は仕切りありのタイプのみで馬油のソープと旅美人の試供品で統一されています。

     露天エリアは屋根付のジャグジー付の岩風呂一つです。う〜ん、できれば露天は落ち着きたいので、ジャグジーは微妙かなぁと感じました。景観は山が見渡せるんだけど、囲いが若干邪魔しており少し微妙でした。温泉は少し肌が張ったのでアルカリ性かなぁと思うのですが、放射能泉としては微妙かなぁと。湯上りはホテルのロビーなどで寛げますので、施設としては十分満足できると思いました。
    湯の山温泉 湯の山温泉

    湯の山温泉 湯の山温泉

    [感想&評価]
    温泉:★★☆☆☆()
    施設:★★★☆☆()
    料金:★☆☆☆☆()
    総合:★★★☆☆()

    アクセス
    車でのアクセス
    [最寄の高速道路など]
    東名阪道四日市IC

    [最寄の主要道路]
    国道477号県道577号

    公共交通機関でのアクセス
    近鉄湯の山線:湯の山温泉駅
    路線バス利用

    ページの上へ戻る