1. INDEX
  2. 奈良県
  3. 宇陀温泉郷 大宇陀温泉 あきのの湯



    所在地 奈良県宇陀市大宇陀区拾生250−2
    電話 0745-83-4126
    入泉料 800円
    営業時間 10:00〜21:00(受付は20:30まで)
    定休日 第2水・木曜日(4月と8月は無休)

    ロッカー 下足ロッカー(鍵付無料)
    脱衣ロッカー(鍵付100円リターン式:大小)

    無料の備品 ボディソープ、シャンプー、リンス
    ドライヤー

    浴槽の種類 内湯2、ジャグジー(バイブラ)、替わり湯
    寝湯(ジェット)、電気風呂、露天(和1、洋2)
    サウナ、水風呂、塩サウナ
    サウナ あり(電気式・テレビなし)
    ※塩サウナはテレビあり

    入れ替え制 日替わり
    施設利用のみ可否 不可
    割引・特典等 ポイントカード

    公式ホームページ 日帰り施設 駐車場あり

    温泉情報
    [源泉名] 大宇陀温泉 あきののゆ
    [泉 質] アルカリ性単純温泉(低張性・アルカリ性・温泉)
    [源泉温度] 34.0℃ [湧出量] 180L/分(動力揚湯) [pH値] 9.6 [溶存物質] 0.41g/kg [ラドン含有量] 未分析 [分析年度] H21
    [温泉の利用状況] 加水:× 加温:○ 循環:○ 入浴剤:× 消毒:○(塩素系) かけ流し:×(循環型)
    [温泉の特徴] 色:無色透明 香り:微岩石臭、塩素臭 湯肌:ツルヌマ系 飲泉:なし 給湯方法:自家源泉

    (旧分析) 大宇陀温泉 あきののゆ アルカリ性単純温泉(低張性・アルカリ性・温泉) 34.1℃ 156.9L/分(動力揚湯) pH9.5 0.39g/kg H10


    施設利用レポート
     「温泉シールラリーゆらん」での利用です。名阪国道の針ICから国道経由で辿りつけます。宇陀市の大宇陀町の公共施設で、温泉プールも併設されており、道のいたるところに案内看板が設置されているので迷う事は無いと思います。年始の平日の夕方ごろからの利用しましたが、ファミリー層を中心にかなり混んでいました。案内看板は積極的なのですが建物は公共施設らしく外見では温泉施設とは分かりません。入口は開放感があり、ガラス張りされた先からは芝生が一面見えています。靴をコインレスの下足ロッカーに入れ、券売機で入泉券を購入します。入泉券は浴場入口の係に渡すシステムなので奥の受付へ進みます。ゆらん会員特典はドリンクとタオル進呈でドリンクは三重県の「あさひの湯」にあるような100円の栄養ドリンクでした。

     脱衣室は施設の規模の割に手狭な造りでロッカーは小サイズの100円リターン式です。バーデンゾーンの脱衣も兼ねているようで、子供たちがはしゃいでいました。洗面台はドライヤーのみの装備。有料でおなじみのマイナスイオンタイプもありました。浴場は和と洋タイプの2種類男女入れ替え制でこの日は和タイプでした。

     浴場は脱衣室の手狭が一転広々とした開放感ある作りで、左側にサウナと洗い場、右側に岩風呂と薬湯、中央に丸い浴槽のジャグジー湯、窓側に寝湯と檜風呂の構成です。サウナは5人程で満員御礼サイズで小さめで、シンプルな造りです。露天風呂は岩風呂1つと奥にこの施設売り?の塩サウナの2つの構成です。塩サウナは塩も完備しており、珍しくテレビ付きなのか、かなり混雑していました。

     温泉は無色透明で塩素臭塩素味な状況です。もう少し塩素臭を減らしてほしいかなぁと思ってしまう程です。湯肌は予想外な程ツルヌマが体感できる温泉で、「美人の湯」をアピールしている施設としてはその通りかなぁと思います。

     湯上りはアルカリ性らしく肌が張り、さっぱりとした感じに仕上がります。公共施設の割に施設は充実していて、接客や施設管理的には行き届いている感じなので、ファミリー向けの温泉施設と言った感じに感じました。
    大宇陀温泉 大宇陀温泉

    大宇陀温泉 大宇陀温泉

    [感想&評価]
    温泉:★★☆☆☆()
    施設:★★★★☆()
    料金:★★★☆☆()
    総合:★★★☆☆()

    アクセス
    車でのアクセス
    [最寄の高速道路など]
    名阪国道針IC

    [最寄の主要道路]
    国道166号国道370号

    公共交通機関でのアクセス
    近鉄大阪線:榛原駅
    路線バス利用

    ページの上へ戻る