1. INDEX
  2. 大阪府
  3. 天然温泉 くつろぎの郷 湯楽



    所在地 大阪府住之江区北加賀屋3−5−37
    電話 06-4702-4126
    入泉料 720円(土日祝は770円)
    営業時間 10:00〜26:00(受付は25:00まで)
    定休日 年中無休

    ロッカー 下足ロッカー(鍵付100円リターン式)
    脱衣ロッカー(鍵付100円リターン式:小)

    無料の備品 ボディソープ、リンスインシャンプー
    ドライヤー

    浴槽の種類 内湯1(ジェット)、ジャグジー(ジェット)
    座足湯、水風呂、サウナ、塩サウナ
    露天2、寝湯、シルク湯、うたせ湯
    つぼ湯2、替わり湯(アヒル風呂) or 死海風呂
    サウナ あり(ガス式・テレビあり、塩あり)

    入れ替え制 日替わり
    施設利用のみ可否
    割引・特典等 各種イベント

    公式ホームページ スーパー施設 駐車場あり

    温泉情報
    [源泉名] 正楽明泉の湯
    [泉 質] 単純温泉(低張性・中性・低温泉)
    [源泉温度] 28.2℃ [湧出量] 420L/分(掘削・動力揚湯) [pH値] 7.4 [溶存物質] 0.48g/kg [ラドン含有量] 不明 [分析年度] 不明
    [温泉の利用状況] 加水:× 加温:○ 循環:○ 入浴剤:× 消毒:○(塩素系) かけ流し:△(一部放流循環併用型)
    [温泉の特徴] 淡黄色澄明 香り:微硫化水素臭、モール臭 湯肌:ツルヌマ系 飲泉:なし 給湯方法:自家源泉


    施設利用レポート
     平日の朝9時からオープンしました。「長堀鶴見緑地線」の北加賀屋駅から 徒歩5分圏内と言う駅チカ施設の「湯楽」。東海圏でも「湯楽」の名が付く施設がありますが、 津島の「津島健康の里 天然温泉 湯楽(現:くつろぎ天然温泉 湯楽)」とは全く関係無いけど、 愛知県日進市にある潰れた「和合迎賓閣」を買い取ってオープンした「和合温泉 湯楽」とは姉妹店の様です。ってそんな話はどうでもよいですが(^^;) この日も電車旅で、徒歩で施設に到着。駐車場は広々としたタイムズのコインパーキングとなっていて、施設利用に応じて最大5時間まで無料(^^;) お風呂だけでも 4時間無料と十分な時間設定となっているので車での来訪も大丈夫な施設です。建物はスーパー銭湯らしい和風スタイルな感じですが、コテコテな感じでは無いです。

     玄関に入り、靴を鍵付の下駄箱に入れるのですが、鍵が回りません(-_-;)よく見ると、内側にコインを入れる場所があり100円リターン式となっているタイプです。玄関にはフロントは無く、脱衣室の前にフロントがある造りで、入泉料を支払わなくても食堂等の施設が利用できる造りとなってます。また、規模は小さいですが、TV付のリクライナールームや畳スペースなどもしっかりあるので、湯上がり後も寛げる造りとなってます。特にリクライナーは少し照明が暗めなので仮眠利用としても行けそうかなぁと思います。 入泉料はフロント横の券売機でチケットを渡してフロントの方に渡せば入泉完了となります。下駄箱の鍵は自己管理になるので無くさないように注意しましょう。ちなみにこのパターンの施設は再入浴が不可の場合が多いのですが、脱衣室のロッカーキーをフロントに提示すれば再入浴可との事です。浴場の日替わりの男女入れ替え制で、檜風呂か岩風呂、死海風呂(浮くやつですね)かアヒル風呂と言った特徴のある浴槽が楽しめる様で、この日は檜風呂とアヒル風呂となってました。

     脱衣室はロッカーが密集した手狭な空間で、鍵付の100円リターン式ロッカーが並びます。下駄箱と同様このロッカーも内側にコインを入れるタイプとなってます。サイズは小サイズのみで収納量はよくないので荷物は最小限にする事をおすすめします。洗面台はドライヤーのみの常備となってます。脱衣室から内湯と露天両方に行ける造りになっているので、まず内湯から進みます。

     内湯に入ると温泉らしいモール臭のような香りが感じます(^^)/ 雰囲気は浴槽を入れまくった様な空間となっており、窓側に縁だけ檜のバイブラバス付の内湯、中央にアトラクションバス、左側に座湯付の足湯、洗い場、奥側に水風呂とサウナの構成となります。窓側の内湯はかけ流し利用となっておりオーバーフローも見える感じとなっています。さっそく入浴して温泉を体感してます。 温泉は薄黄色透明でモール臭を感じるツルヌマ系の温泉と言う感じで、特徴はしっかりキャッチできる温泉なのですが、薄いと言う印象も感じられるのでインパクト面では弱いかなぁと思います。

     サウナは10人以上は入られるスタジアムサウナでとなっており出入り口が2ヶ所ありますが、片側は何故か閉鎖されていました。サウナストーブはガス式なので、ジワジワと温まる感じなので、パリッとした感じを好む方には不向きな感じでしょうか?

     洗い場は通路沿いの壁に沿って配置された感じの仕切りなしのタイプで、今時の混合栓カランとなっており、ソープ類も常備されているので、普通の洗い場と言う感じでしょうか(^^;)

     露天エリアは中庭タイプと言う感じで、施設に沿って屋根付きと屋根なしの浴槽が2ヶ所と寝湯、シルク湯、うたせ湯、スチームサウナと言う構成となります。なんか此花区にある「街の湯治場 上方温泉 一休」を少し小さくしたような雰囲気に感じるのは気のせいかなぁ(^^;)と思うのですが、露天エリアにはテレビが2台も取り付けられており、しっかり露テレビを堪能する事ができます。露天エリアの浴槽も温泉利用なのですが、循環併用の利用なので、香りの面でやや劣化を感じたのですが、湯量が多いのか気にならない利用状況の様にも感じました。気になったのは露天の一角に喫煙ルームがあり、前を通るとタバコ臭いのがNGですねぇ〜(T-T)このレイアウトは変更するべきな様な気にがします。

     露天の奥にはこの「湯楽」が有名になる名物風呂があって「アヒル風呂」があります(^^;)替わり湯も兼ねていて、浮いているアヒルとアヒルの絵はあり特色的には抜群なのですが、アヒルのビニル臭が結構気になります(^^;) それに平日の朝帯の利用だったのか、この手の浴槽を好む世代がおらず、来訪時、誰ひとり利用する方いないと言う状況でした(^^;) お子様がいれば間違えなく喜びそうな感じはするんですけどねぇ・・・。入れ替えによっては反対側の浴槽では名物の「死海風呂」と言う塩分濃度を濃くして浮く事はできる浴槽もあり、ユニークな浴槽で他の施設と差別化している感じですね。

     湯上りは、あっさりとした感じで温泉的な特徴や要素は感じないですね〜。気になったのはかけ流し浴槽の湯口に「加水なし加温なし循環なし」と記載があるのですが、源泉温度が28.2度で加温なしは、どう考えても・・・な感じですし、詳細な温泉分析書の提示が無いので状況もわからない感じです。設備面では十分に整っているので、気軽に温泉を楽しめるスーパー銭湯かなぁと思いました。(2014/03) 

    [再訪情報(2015/02)]
     平日の夕方ごろに再訪しました。残念ながら今回の利用もアヒル風呂の方でした。割と常連の方と思われる方で賑わっている感じで、これ以上増えると混雑かなぁと思う感じでした。アヒル風呂はやはり利用する世代がいないのか、利用している方は無な状況でした(^^;)施設面では特に変化無いかなぁと思いました。
    正楽明泉の湯 正楽明泉の湯

    正楽明泉の湯 正楽明泉の湯

    正楽明泉の湯 正楽明泉の湯

    正楽明泉の湯 正楽明泉の湯

    [感想&評価]
    温泉:★★★★☆
    施設:★★★☆☆
    料金:★★★☆☆
    総合:★★★☆☆

    アクセス
    車でのアクセス
    [最寄の高速道路など]
    阪神高速15号玉出出入口

    [最寄の主要道路]
    国道26号府道29号府道5号

    公共交通機関でのアクセス
    地下鉄四つ橋線:北加賀屋駅
    徒歩約5分

    ページの上へ戻る